INSTAGRAMCOMPANYBLOG 鉄魅録METAL PRODUCTSSTORE FIXTURESINFO and NEWSGANZ HOME

2015年12月31日木曜日

THERE -WELD MUSIC- 2015



照井利幸さんのお店 「THERE」。

素敵なご縁をいただきまして、CDラックを製作させていただきました。
















































僕の拙い文章力では、この作品、この瞬間、自分の気持ちすらも
伝えることができそうもありません。。。




[ THERE ]


照井さんのストレートなエネルギーがお店の外まで溢れています。













2015年も本日で終わりですね。
今年は例年以上に内容の濃い一年になりました。

自分の活動の「本質」は何なのか
自分にとっての「モノ創り」とは何なのかを
じっくり考え整理した1年でした。

このタイミングでいただいた熱い助言や
あり得ないほどの貴重な経験が
大きな原動力になっています。

2016年 いよいよGMPが本格始動いたします。
来年もよろしくお願いいたします。
それでは良いお年をお迎え下さい。







one PHOTO -018-




LOST CONTROL × GANZ 「UTILITY SHELF」

http://lostcontrol.jp/collection/hardware-product/













2015年12月30日水曜日

Mesh Shelf & Illuminated Sign







レジカウンター頭上に設置する
メッシュシェルフとイルミネーションサインを
製作させていただきました。

























メッシュと鉄フレームで無骨さや重厚感はかなり強く出てきますので
各部に適度な「抜け感」を感じられる構造(デザイン)にしています。

サイズや設置場所の細かい設定から、細部のディティールに至るまで
入念に打合せを繰り返させていただきました。














LEDを組み込んだランプボックスは
シンプルな構造ながら迫力ある仕上がりになりました。















レタリングは筆の僅かなニュアンスが効いています。


デザイン、設計、製作の全てにおいて
少しずつ新しい試みを追加させていただいて
毎度の事ながら、沢山の刺激と、深い経験をさせていただき
ありがとうございました。



HUNGER







今年も残り2日、作業もブログもラストスパートです。。。





2015年12月20日日曜日

LOST CONTROL × GANZ 「CARD STAND」




先日リリースされました「CARD STAND」をご紹介いたします。

STEEL INCENSE BURNER」 と同様 「LOST CONTROL」さんと
企画しまして、様々なシーンに対応するカードスタンドを製作いたしました。




















インクブルー、ブラック、バーガンディ、オリーブドラブの4色展開で
全てセミグロス(半艶)のオリジナルカラーとなっております。

ペイントは耐溶剤性や耐熱性に優れたメラミン焼き付け塗装です。



















CD、ポストカードや写真などを自由にディスプレイしてお楽しみ下さい。




こちらのアイテムに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

LOST CONTROL DEALER LIST








2015年11月18日水曜日

LOST CONTROL × GANZ 「STEEL INCENSE BURNER」











先日リリースされました「STEEL INCENSE BURNER」をご紹介いたします。

LOST CONTROL」さんと企画しまして
フローティングデザインの浮遊感と鉄のシャープなラインをミックスしたお香立てを製作いたしました。

















インクブルー、ブラック、ニュートラルグレーの3色展開で
全てセミグロス(半艶)のオリジナルカラーとなっております。

ペイントは耐溶剤性や耐熱性に優れたメラミン焼き付け塗装です。
















スティックタイプのお香を付属のコルク栓に刺して使用する構造で、
スティックの角度調整が可能です。

スティックの太さに応じて2種類のコルク栓が付属していますが、
コルク栓は加工性が良いので、任意に穴を広げたり、緩い場合には
詰めものをしたりすることで、様々な太さに対応することができます。






マニュアルとコルク栓2種が付属し専用ボックス入りです。



こちらのアイテムに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

LOST CONTROL DEALER LIST









2015年11月4日水曜日

Floor Stand Ashtray T3







自分でもよく分からないのですが、なぜか毎回全く違うデザイン(構造)で
製作しないと気が済まなくなっているフロアースタンドタイプの灰皿。

今回も僕がイメージするままに製作させていただきました。
図面では表現することができない感覚的なものづくりは、
自分の中の普段と違う部分を刺激されている感じがして新鮮です。















トレー部分には空冷ワーゲンのバルブカバーを使用しています。


















鍛鉄によるハンマートーンやリベットの無骨な鉄感に、
シャープなエッジ処理の組み合わせてみました。











毎日の使用をイメージしてトレーは脱着式にしてあります。

個性的なベース部分も空冷ワーゲンの部品を使用。
クラッチパーツを分解して 中身を組み合わせることで
メカメカしい表情になりました。



現物をご覧になりたい方、この灰皿で一服したい方は


HUNGER








2015年11月1日日曜日

イメージした色を求めて















1年ほど前のことになりますが、コツコツと進めているプロダクトで使用する
「塗装色」の相談のために、僕が「人」としても「職人」としても尊敬している
先輩の仕事場にお邪魔してきました。

僕のイメージの中にある2色のメタリック色を、実際に調色して色見本をつくり
今後、様々な塗料や塗装方法でこの色を再現できるようにするための
調色データや塗装回数、塗装方法などを細かく決定していくとても大切な工程です。

普段自分で行っているソリッドカラーの調色と違って、メタリック色の調色には
独特のノウハウが必要だと思っています。そこで技量も材料も豊富で
僕の好みを理解して熱心に追求していただける先輩にお願いしたのです。
























簡単なヒアリングをもとに、調色のための原色をセレクトして調色。
テストピースをペイントして、それを基準にして 更に僕の好みを探りながら
理想の色に近付けて行く作業を繰り返します。

途中何度か先輩からの提案で、メタリックの種類を変えたり
塗り方を変えたりして、沢山のアドバイスをいただきました。

国による色の違いや、塗料の進化と時代背景、それによる経年変化の違いなど
普段あたりまえのように目にして、特別な意識をせずに感じている「色」の
奥深い部分についても 詳しくレクチャーしていただきました。























おおよその「色」が見えてきたら、何度も何度も微調整を繰り返して
照明や自然光などの異なる環境下での見え方まで比較しながら
最終的な「答え」を見つけていきます。












そしてイメージ通りの2色の色見本をつくっていただきました。
自分がイメージする色ができあがる喜びがこんなにも大きいものだとは思いませんでした。
また、「職人」といえる方のお仕事に密着させていただく
貴重な経験をさせていただけた事によって、
様々なことを全身で感じて、深く考えさせられる部分が多く、
今後の自分にとっての大きな糧を得ることができました。

新しいアイテムの準備は着々と進んでおります。
まもなくみなさまにお披露目できると思いますのでいましばらくお待ち下さい。












[ GANZ BLACKSMITH SHOP ]
[ CONTACT FORM ]