INSTAGRAMCOMPANYBLOG 鉄魅録METAL PRODUCTSSTORE FIXTURESINFO and NEWSGANZ HOME

2017年9月22日金曜日

Counter & Stool & ...









素敵なガレージに納品させていただいたアイテム達をご紹介いたします。















まずはカウンターをご紹介します。

ダブルヘリンボーンのチーク材と 鉄のモールディングのコンビです。

チーク材は素材の色味を生かして クリアワックスフィニッシュです。

独自の工程で光沢・保湿・手触りをコントロールしています。











チーク材ならではの 一枚一枚の濃淡が個性的です。













照明や角度によって色味が違って見えますが

どんな状況下でも鉄とのバランスを意識して製作しています。












モールディングが木部とツライチになるよう きっちり加工しています。
























IRON STOOL との相性も抜群です。

クッションカラーはダークブラウンをチョイスしていただきました。



























GMPアイテムも もちろんご一緒させていただいております!

GERUGA 好きのお客様

ステッカーもしっかり額装します。















お客様の愛車のスポーツスターと一緒に。

羨ましい空間です。。。

カウンターでバイクを眺めて 好きな音楽を聴きながらの

コーヒーも ビールも 格別でしょうね~。




以前ご紹介させていただいた

NAME PLATE

Wall Top Hanger Rack + Wood Shelf

も合わせてご覧いただけると嬉しいです。




自分の好みの 自分が落ち着く空間を コツコツつくりあげて

たとえ少しの時間でも 至福の時を日々感じて生きている人。

そんな方々にGANZを選んでいただけて光栄です。











2017年8月25日金曜日

Picture Light 製作記

以前ご紹介させていただきました

[ A1 Easel & Picture Light ]

のピクチャーライト部分の製作記をご紹介させていただきたいと思います。






まずは旋盤に鉄の丸棒をセットしてシェードの左右のエンド部分を加工していきます。






バルブ(今回はLEDのエジソンバルブ)やソケットの収まり

防水面も計算して設計し 図面に合わせて内側を削っていきます。










アームのボスも削りだして仮組しているところです。










続いてシートメタルをロールベンダーで筒状に加工していきます。

削りだしたエンドに隙間なくピッタリ収まるアールに仕上げます。





アームは一本一本加熱して同じ形状に加工します。

イーゼル本体側のボスも削り出しで製作しています。


ここから画像がございませんが 各部を溶接しペイントに備えた下処理と

防錆処理を施して 最終的に2液ウレタン塗料を用いて

下地塗装+マットブラック塗装 で仕上げています。











後半 かなり駆け足でのご紹介になってしまいましたが

削り出しパーツを多数使用して いちからオリジナルで製作していく過程が

なんとなくご理解いただけましたでしょうか?


壁付け仕様のインテリア用としても いい雰囲気に仕上がりそうで

次のステップも楽しみなピクチャーライトです。







2017年8月9日水曜日

【Blacksmith Shop】 METAL FAB S/S TEE

奇特なお客様からお声かけいただきましたので

METAL FAB S/S TEE

少量ですが Blacksmith Shop にアップいたしました。

サイズはS,M,Lの3サイズ

ボディカラーは3色展開です。




































2017年7月21日金曜日

one PHOTO -049-




時間があいてしまっていますが

素敵なガレージにチークのカウンターやスツールなどを納品させていただきまして

ご厚意で撮影までさせていただきました。


詳細は後日アップいたしますのでお楽しみにお待ちください。










2017年7月11日火曜日

Screen Printing




作業の合間にちょこちょこと準備を進めてきた Tシャツを

まずは自分達用からプリントしましたw

何度やってもシルクプリントは楽しい!



気付けばこれも開業時から地味~にずっと続けていること。

知らない間に15年もやっていることに驚きます。。。











これまであまりこういう場ではご紹介していなかったと思うのですが

いい機会なので少しだけ。






実はデザイン業務の傍ら いろいろなグッズ製作のお手伝いをさせていただいています。

そんなに多くはないですがTシャツのご相談も定期的にいただきます。







ご相談の内容によって外注さんにお願いすることも多いのですが

特に身近なお客様で 「GANZ クオリティが好き!」といっていただける奇特な方がおられるのでw

毎年数型はGANZでプリントしています。

(僕たちの作業着はず~っとGANZプリントです)








インクは肌ざわりが柔らかく経年変化が自分好みなので 水性インクのみをストックしています。

基本原色から調色して 自分が好きなカラーはデータ化してあります。







こちらは 優に3年以上(おそらく5年近く) かなりの頻度で着たおしている僕の作業着です。

ボディは常にデータをとりつつ 目的に応じてセレクトしています。

細かいクラックと擦れ具合がボディの経年変化とマッチしているところも自分好みです。

ボディもインクも耐久性は実際に年月を重ねてテスト済みですw



※ ここまで書いておきながら現在はグッズ製作に関する新規のお客様からの
ご相談には残念ながら対応できない状況です。。。すみません。。。



とても便利な世の中ですが、「だから」なのか

自分たちの手で 思いのままを カタチにできることのメリットを再認識しています。











2017年6月30日金曜日

A1 Easel & Picture Light

 


A1サイズのイーゼルとピクチャーライトを製作させていただきましたのでご紹介いたします。

以前製作したイーゼルとの変更点をふまえて、イーゼル本体から詳細を見ていきましょう。










折り畳みができて運搬可能、ディスプレイするフレームのサイズに合わせて固定用の

ブラケットが上下する構造などは以前と同様です。


大きな変更点は、なんといってもサイズです。

今回はA1サイズのフレームに合わせていますので かなりサイズアップしています。

また、両面にディスプレイできる仕様になっています。











レストランの屋外で使用されるということで 細部まで綿密にディスカッションを繰り返しました。

運搬ルートの関係からアルミ+ラバーのキャスターを採用。

ペイントは2液ウレタンをマットに調色し、下地塗装と2コートにすることで耐久性を上げています。

雨水の浸入を最小限に抑える構造で設計し、塗装前に徹底的に各部の防錆処理をしています。












万一の強風や、通行人の接触等による思わぬ転倒、また盗難等を防止するための

チェーンやロープを固定できるようにリング状のフックを備えています。












続いてピクチャーライト部分を見ていきましょう。

アンティークや市販品のリメイクも合わせて検討しましたが、条件に合わせるのが

困難と判断しまして、鉄製のオリジナルで製作しました。
























旋盤で削りだしたパーツを多数使用して シンプルかつ雰囲気のあるデザインにまとめています。

照明の照射方向は細かく設定できることが望ましいので 可動式になっています。

バルブはLEDのエジソンバルブを採用しつつ 防水構造になっています。


※ピクチャーライト部分の製作記はあらためてご紹介できればと思っています。















使用中はあまり目立たない部分ですが 配線処理もシンプルにまとめています。

運搬中のコードフックも完備しています。



とても拘りが詰まったオーダーで刺激的でした。

T様 ご依頼ありがとうございました。










2017年6月19日月曜日

15年目に突入です

GANZ 開業から丸14年が経ち 本日から15年目に突入です。

みなさま いつも本当にありがとうございます。



「今年がGANZにとっての節目の年なのかな?」

と思ってしまう出来事が続いていて

若干戸惑いながらも それを楽しませてもらっています。



何年経っても目の前の課題に立ち向かう毎日ですが

日々自分を更新していけるよう 益々精進していきますので

どうぞ 今後ともよろしくお願いいたします。



GANZ 代表 光飛田 晴也










2017年6月14日水曜日

one PHOTO -048-




旋盤でピクチャーライトのパーツを製作中の様子です。

あれから1年弱ですが、INDEPENDENT CHUCK にも慣れて

さらに旋盤が身近なものになりました。









2017年6月5日月曜日

Wall Top Hanger Rack + Wood Shelf














Wood Shelf を組み合わせた Wall top Hanger Rack を製作させていただきました。

新築されたご自宅のガレージへの施工も無事完了。

少し時間が空いてしまいましたが詳細をアップいたします。








































Wood Shelf は僕がイメージする「鉄+Wood」で ご提案させていただきました。

無垢材のモールディング、ビスケットジョイントによる組み付け、調色、着色、仕上げと

多くの工程を必要としますが 絶妙なバランスが表現できたと思います。



















まだまだアイデアがつきない「鉄+Wood」。

これからも様々なかたちでご紹介したいと思っております。

現在進行中のプロジクトもお楽しみにお待ちください。



まだまだ未アップアイテムのご紹介が続きます。。。。